二次会の景品の準備で知っておきたいことは

素敵な二次会にするために景品選びを考える

月別: 2018年5月

持って帰れるものを選ぶ

これは大事なことですが、景品を貰って帰るのはいいのですが、持って帰ることが出来るものであることはとても大事なことです。

例えば、自分の立場になったとき、仮に良いと思えるものを貰ったとしても、それを持って帰ることが出来なければ意味がありません。もちろん、意味がないことはありませんが、持って帰るのが大変だと思うものを貰っても、どこか嬉しい気持ちにはなれないですよね。出来るだけ良いものをと思っても、片手で持って帰ることが出来るようなもの、カバンの中に入るようなものを選ぶのが良いかと思われます

商品券つまり、「自分がもらって嬉しい、かつ手軽に持って帰ることが出来るもの」を選ぶことを考えるのが大事となるでしょう。

例えば、商品券なんかは喜ばれる対象になるはずです。とても小さなものですし、軽いですし、サッと持って帰ることが出来ます。それに、いつでも使えますし、保管しておくことだってできます。旅行券なんかも、旅行が好きな人にとっては良いものになるでしょうし、こちらもいつでも使うことが出来る便利なものです。もちろん、これが絶対というわけではありませんが、二次会の景品として、候補の一つにしてみても良いかと思います。

《参照サイト》https://www.keihin-royal.com/fs/keihinroyal/c/gr217
JTB旅行券を二次会景品として取り扱っている景品ロイヤルです。

何を景品にするか

二次会の景品を準備するときには、何を景品にするかを考えるかは重要です。

クルーズこの時、1等の景品に関しては、出来るだけ豪華なものを選ぶと良いと言われています。それを狙って盛り上がってくれるからです。まんべんなくいいものをと考えてしまうかもしれませんが、実は豪華なものは少しだけという方が盛り上がるとのことです。本当に喜ばれるものは少しにして、それ以外には笑いを取れるようなものから、少し実用的なものまで、景品に幅を持たせることによって、盛り上がりを得ることが出来るのです。

目玉と呼ばれる商品、一点物と呼ぶにふさわしいようなものに関しては、物凄く豪華なものにしてしまうというのもアリかもしれません。トップ賞の品を豪華にしてみるだけでも良いかと思います。ただし、どうしても予算が足りないという場合であり、予算があるのならば、少しでも皆に良いものが届くことも考えたいものです。

また、参加者がいきなり増えるかもしれないということも想定しておきたいところです。いざとなったとき、全員に景品が行き届かないという事態が起こるかもしれません。そうなると、周りも興ざめになってしまうかもしれませんから、とにかく多めに用意をしておくことも大事かもしれません。

二次会の景品準備

景品を用意するような必要がある二次会では、どのようなところを準備のポイントとして考えるのかということをしっかりと考えることが大事になります。

まず、当たり前のことですが、何を景品にするのかをきちんと考えることが大事になります。最初にメインになる景品を選ぶことになると思いますが、メインになるものを豪華にすることを考えてみるのはどうでしょう。中途半端なものばかりが並んでいるよりも、1つだけ豪華なものがあった方が盛り上がる場合もあります。もちろん、それがなくなってしまった場合に盛り下がる可能性もありますが、少なくとも豪華なものがないよりは盛り上がる可能性はあるはずです。また、実用性のあるものを選ぶことを考えることも大事です。

包装それから、持って帰ることが出来るものを選ぶということも大事な要素になります。自分がもしも二次会で何かを貰って帰るのならば、出来るだけ荷物にならないものを希望するはずです。用意する側としても、それを意識した物の選び方を考えてあげることが求められます。せっかく良いものだとしても、持って帰るのが大変だと喜びも半減してしまいます。例えば、商品券や旅行券といったような、いつでも使えて手軽に持って帰ることが出来るものを選ぶのも一つの手です。自分で実物を見たり持ったりして、ものを選ぶのも良いかもしれません。

様々な方面から考えて、何を景品にするのかをしっかりと考えて、素敵な二次会にしたいものですね。